生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアの働き方 » 派遣のメカ屋として働く

派遣のメカ屋として働く

派遣の機械設計エンジニアとは?

製品開発の過程で重要な役割を担う機械設計エンジニアは、職場環境が仕事の進捗に大きく影響するため、職場環境を重視する機械設計エンジニアは多いといわれています。

そのため、正社員で採用されたいと考える人が一般的であるのに対して、あえて派遣という働き方を選ぶという人も増えています。

これは、専門性の高い仕事をする性質上、技術や経験を身につける必要性があるにもかかわらず、正社員の場合、関係ない業務を求められることも多く、ものづくりに没頭できないという問題などがあるためです。派遣会社に所属して現場で技術と実績を積み、大手企業への転職や起業を目指すという人や、生涯ものづくりをし続けたいという人は派遣という働き方を選んでいます。

あなたの目指す機械設計エンジニアタイプをチェック

派遣の機械設計エンジニアのメリット

興味のあるジャンルでものづくりをし続けられる

派遣であれば、やりたい仕事・興味のある分野へのチャレンジができます。会社にとらわれず、プロジェクト単位での働き方も可能。常にワクワクしながらものづくりができるのは、メカ屋にとって魅力ではないでしょうか。

高いスキルを身につけられる

様々なプロジェクトに関わるため、経験を積みながら、自分自身のスキルを向上させることができます。

中には、スキルアップのための技術研修やキャリアアップのための研修など多数の研修を受けられる会社もあるため、仕事をしながら知識とスキルを磨いていきたい人にとっては大きなメリットとなりそうです。

派遣会社に所属する安心感

メーカーに直接属していない、という点ではフリーランスと同じですが、派遣の場合は派遣会社に属している分、収入に関する不安や各種手続きの手間が軽減できます。福利厚生や待遇の良さに力が入れられている派遣会社もあるので、安心感や充実感を持って働くことができます。

派遣の機械設計エンジニアのデメリット

福利厚生や年収などの待遇面が正社員よりも低いことも

派遣の場合、福利厚生や年収などの待遇面が正社員よりも劣るのがデメリットとして挙げられます。また、一般的にボーナスも正社員に比べて派遣や契約社員などでは支給される額が少ないといわれています。

しかし、ボーナスや給与は会社の規模によるところも大きく関係しており、一部の企業では派遣社員も同じように福利厚生を利用できるケースなどもあります。また、派遣会社によっては、正社員並みに待遇面が充実している会社も存在します。 派遣先や派遣会社の選び方によって左右されますので、「派遣は待遇が悪い」と決めつけずに、よく調べてみるのがおすすめです。

まとめ

派遣をうまく利用することは機械設計エンジニアにとってメリット大!

派遣会社を利用することのメリットは、「機械設計エンジニア」として働けることです。

有名メーカーや大手メーカーでは、必ずしも機械設計エンジニアとして仕事ができるというものではなく、部署異動などにより、エンジニアとしての仕事ができないといった可能性もあります。また、仕事が忙しくなれば残業必須で休日なども取りにくくなることもあります。

派遣のメカ屋なら、働く会社が限定されず、興味のあるジャンルでものづくりをし続けることが可能。スキルを磨く研修に力をいれている派遣会社も多いため、高いスキルを身につけ続けながらものづくりを追求できそうです。

まずはどんな会社があるのか、自分に向いている会社はとこかを調べることをおすすめします。