【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介
【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介 » 機械設計エンジニアの豆知識 » 機械設計の派遣エンジニアと転勤
  

機械設計の派遣エンジニアと転勤

派遣エンジニアの転勤は派遣会社次第

派遣エンジニアの転勤は派遣会社次第です。派遣会社によって転勤のありなしが分かれるため、方針次第となります。派遣エンジニアは、働き方に自由を持たせられるため最終的に自分で決定できますが、ポイントとして押さえておきましょう。

転勤が全くない会社がある一方で、全国を範囲とした転勤がある派遣会社もあります。転勤を原因とした退職もあり、派遣エンジニアにとって事前調査は重要なものになっています。リサーチや面接での確認が必要です。転勤に対する価値観は人それぞれですが、転勤を望まない派遣エンジニアは忘れないようにしておきたいところといえます。

派遣エンジニアの転勤に関する事例や転勤が、基本的にない場合のメリットについてもお伝えしていきます。会社選びを慎重に行い、考えていたライフスタイルやスキルアップに影響がないようにしておきたいものです。

転勤がない派遣エンジニアの例

転勤がない派遣エンジニアの事例として一般的なものは、自宅から通える範囲の派遣先に派遣されるといったパターンです。エンジニアの需要が高まる中、エンジニア派遣会社としても人材の確保は急務。採用段階で派遣先を明確にする派遣会社も多くなっています。

派遣エンジニアは就業場所との契約が終了になれば次の派遣先へ派遣されるため、派遣先自体の移動はありますが、多少の調整も可能です。派遣先が変わるケースは状況に応じてになります。日頃から派遣会社との相談や調整を重ねておくと、融通も効きやすくなります。

エリア内での転勤がある派遣エンジニアの例

エリア内での転勤がある派遣エンジニア会社もあります。関東地区や関西地区といった大まかな範囲の中で、引っ越しを伴う転勤と引っ越しを伴わない転勤といったケースです。ある程度、希望の条件も聞いてもらえることが多いようです。エリア内の範囲で転勤はあるものの、介護や子育てのような理由がある場合は自宅から通えない範囲での転勤は相談も可能。もし要望が通らない場合は、別の派遣会社を探すのも考慮してみましょう。

全国転勤がある派遣エンジニアの例

全国転勤がある派遣エンジニア会社は少数派。「原則全国転勤」としている場合でも、実は若手の間だけだったというケースもあります。派遣会社も人材確保を意識しているため、「全国転勤でも大丈夫」といえる派遣エンジニア少なさを考慮。他社と人材の引き合いを少なくするため、「次から次へいろんなところへ転勤する」といったケースは少なくなっています。

「全国転勤がある」としている場合、自分の希望の地域に派遣されるとは限りません。全国転勤があっても良いと考えていないのであれば、転職活動中に十分なリサーチを行う必要があるでしょう。

転勤をしない派遣エンジニアのメリット

ワークライフバランスや将来設計の部分は、生活の充実にも関わってくるからこそ重視していきたいもの。転勤をすると、将来的な設計は立てづらくなりますが、転勤をしないのであれば計画も立てやすくなります。

キャリア設計がしやすい

転勤がない派遣エンジニアは、キャリア設計がしやすい傾向です。派遣エンジニアはスキルが一番の商売道具。キャリア設計まで考えておかなくては、都合の良いエンジニアとして扱われるだけですし、スペシャリストとして活躍しづらくなるでしょう。転勤がないからこそ、専門性を磨いてどこでも通用する人材になっていく必要があります。

スキルアップが収入アップにつながる

キャリア設計から繋がっていく話ですが、スキルアップが収入アップのカギです。キャリア設計には、専門性を磨く必要があります。専門性を磨いていくと、どこでも重宝されるエンジニアになるためです。自然と市場価値も上がっていくため、スキル向上が収入アップの実現に関わります。

ワークライフバランスが取りやすくなる

転勤がないと、ワークライフバランスは各段に取りやすくなります。全国転勤がある場合、所帯を持っているのであればほとんどは単身赴任といった形になるでしょう。家に帰れるのは年に数回といったケースもありえます。家族との時間を大切にできるとは、言いづらい状況です。

将来設計も行ないやすい

転勤がない会社だと、将来設計も行いやすくなります。転勤が多いと、いつまでその土地にいいのか実際のところ見通しが立てづらいものです。反対に転勤がなければ、引っ越しをする必要もありません。

そうなってくると、将来を考えて住宅の購入やプライベートの充実まで考えられるようになるでしょう。さらに、将来設計が行いやすいということは、結婚や家庭を持つこともスムーズになるもの。環境の変化が少なければ少ないほど、安定した暮らしや将来設計が実現しやすくなるのがメリットです。

まとめ

派遣エンジニアの転勤は、派遣会社次第。ただし自由な働き方を選べる派遣エンジニアであれば、転勤が発生するタイミングにおいても乗り換えは可能です。派遣会社と良好な関係を築きながら、自分のライフプランを設計していきましょう。ライフプランを予定通りに進めるために必要なのは、スキルの向上とキャリアプランの作成。研修で豊富なスキルを身につけられる派遣会社や収入が高い派遣会社を選ぶのがおすすめです。

転勤が必要な場合でも、自分の持っているスキルとのミスマッチがないように調整してくれる派遣会社であれば転勤に対するハードルは下がります。モチベーションを保ちつつ、機械と接する時間を増やしながら、理想のメカ屋を目指せる方法を模索してみてください。派遣先が豊富であれば、その時に一番伸ばしたい分野への挑戦も簡単になります。

ワークライフバランスを重視するのであれば、その旨も派遣会社へ相談しておくと良いでしょう。人材を確保したい事情もあるため、こちらの意をまったく汲まないというケースは少ないはずです。転勤をどうしても避けたいのであれば、必ずアピールしておくべきといえます。自分の実情と将来を考えて、よりよい選択をしていきましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE