【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介
【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介 » 機械設計エンジニアを辞めたいあなたへ 【不満・課題別】解決方法まとめ » 納期がきつい
  

納期がきつい

ここでは、納期がきついと感じている機械設計エンジニアのために、原因と改善法について解説しています。

どうして納期がきつくなるのか?

>設計ミスで再設計が必要になる

機械設計エンジニアにとって設計工程の出戻りは納期遅れの大きな原因です。例えば、よかれと思ったことが結果的に不具合を招いたり、根本的な設計ミスによって再計算が必要になったりすれば、納期はどんどんきつくなります。

そこで、最初から完成形を頭に描いて設計を行うことが理想ですが、現実には常に完璧な設計を行うことは至難の業です。

設計ミスを生まないためには、注意力や設計力だけでなく、様々なパターンに対応できる経験やアイデアの引き出しが重要です。

マネジメントや仕様書に問題がある

機械設計エンジニアが完璧な仕事を行おうと思っていても、仕様書に不備があれば、どうしてもエラーや停滞が生じます。また、設計段階の発見によって仕様が見直されることも珍しくなく、そもそも最初から完璧な仕様書が提出されないケースも少なくありません。

そのため機械設計エンジニアにも、仕様書を的確に読み取って、クライアントのニーズや不備を素早く理解する能力が求められます。

想定外のトラブル

体調不良やアイデアが出ないなど、設計者の心身にまつわるトラブルによって、設計作業が遅れることもあります。また、作業途中の急な仕様変更といったものも納期をさらにきつくする原因です。

そもそもクライアントから厳しい納期を求められる

設計や製造を依頼するクライアントがエンジニアの仕事を理解していないこともあり、最初から無茶な納期を要求してくることもあります。

クライアントから無謀な要求があっても、本来は営業担当者や管理責任者などがはっきりと対処すべきですが、担当者の能力や会社の体質によってはなかなか理想通りにいかないケースもあるでしょう。

ライバル企業などが短い納期を売りにしている

クライアントが無茶な要求をしてこなくても、ライバル企業が短い納期を売りにしてくれば、どうしても仕事を取るために納期短縮をアピールしなければならない場合もあります。

ただし、納期短縮が当たり前になってしまうと、常に納期に追われてしまうようになります

納期短縮は武器になる

設計の納期短縮ができれば後の工程に余裕が生まれるため、短い納期で作業を終えられることは機械設計エンジニアにとって大きな武器です。

そのため、成果物のクオリティを維持した上で、納期短縮を目指していく努力も大切といえます。

仕事の流れを見直す

寝る間も惜しんで頑張れば納期を短縮できるという根性論はやがて破綻します。また、そもそも無理をしなければ納期を守れない時点で仕事の流れに問題があるということです。

効率的な設計作業を行えるよう、労働環境や作業の流れを見直すことが必要です。

ツールを活用して納期短縮を目指す

CADやCAEといった設計ツールの習熟度を高めることで、スムーズに作業を進めて納期を短縮することができます。

自分が利用するツールや役立ちそうなツールについて、常にアップデートしておくことは欠かせません。

設計の引き出しを増やしておく

効率的な設計を行うには、自分の中で様々なパターンを構築しておくこともポイントです。 アイデアや知識の引き出しが多ければ多いほど無駄を省いた設計を行えるので、積極的に様々な経験を重ねていくようにしましょう。

各作業を分割を行う

例えば、設計範囲を分割して複数のエンジニアによって設計作業を行ったり、設計と製図を分けて同時進行することも納期短縮の方法です。

ただし、分割作業ではコスト的な問題だけでなく、常に設計全体を管理することも重要です。

転職によって環境を変えることも方法の1つ

会社の体質や営業担当者に問題があったり、常に無茶な納期を要求されて新しいことを学べる時間が不足していたりすれば、いつまでも悪循環が続いていきます。そこで、時には転職によって新しい職場環境へ身を置くとも解決法の1つです。

会社によってはエンジニアのスキルアップを積極的にサポートしていたり、各担当者がエンジニアに敬意を払ってクライアントと交渉してくれたりということもあります。

自分が頑張っても納期のきつさが解消できない場合、職場や働き方について再考することも重要です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE