生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアの職種名鑑 » 家電エンジニア

家電エンジニア

身近な家電に関わる家電エンジニアの仕事についてまとめました。

家電エンジニアとは?

エアコンや冷蔵庫など家電製品のケースやフレームなどの外装を三次元CADで設計する仕事です。外装の設計は機械設計の一部で、機械によっては構造設計とも密接な関係があり、内部機構を設計する機構設計とは対の関係にあります。

たとえば、カメラやスマートフォンのように人が手にするプロダクトは、持ちやすさや使いやすさといったユーザーインターフェースも設計上の重要な要素であり、重量を軽くしたり高い防水割が求められることもあります。

また、工程数やコストを削減することも設計の重要な役割です。要求される性能や形状といった条件を満たしつつコスト削減も行わなければなりません。

このように、用途によって求められる役割は大きく違うため大変さもありますが、やりがいも達成感もある仕事のようです。

家電エンジニアの年収

家電エンジニアの年収は30代で約478万円ほど。企業の規模や、取り扱う製品の種類によっても大きく変わるようです。

家電エンジニアのキャリアアップ

CADを使いこなす家電エンジニアはパソコンの基本操作も問題なく、企業が要求する最低限のスキルは満たしていると言えます。

また、ほとんどの場合、製品を作り上げていく過程をチームで行なっているので、高いコミュニケーションスキルが備わっている家電エンジニアは、リーダーシップを発揮することはもとより、複数の担当者と協業して求める製品を作り上げていく能力が既に備わっています。

この強みをアピールできれば、幅広い業界で活躍することが可能です。

家電エンジニアに必要なスキル

必要なスキルですが、機械工学の4大力学(機械力学、材料力学、流体力学、熱力学)と呼ばれる基礎知識のほか、2次元または3次元の図面を作成するためのCADのスキル。それ以外に、コミュニケーション能力も重要。

自分だけで図面作成するのではなく、企画やデザイン部門の担当者と話し合って決めなければならないことが多くあります。たとえば強度などの機械の基本機能の他にも、納期やコストもふまえて図面を作成するためです。

家電エンジニアが備えておくと便利な技能・スキル

家電エンジニアが他の業界でも活かせる技能・スキルは?

まとめ

 現在、企業の家電エンジニアの採用ニーズは高い水準にあるといえるでしょう。

しかし、働く企業の方針や労働環境により、将来も家電エンジニアとしてものづくりにかかわっていけるのかは不透明です。さらに、保守的な企業では必要とされるスキルも自社製品に限られ、スキルや経験の汎用性も限られてしまいます。

新しい技術に関心を持ったとしても開発にかかわることもなければ、モチベーションも下がってしまいます。

機械設計エンジニアには、興味のある分野を選んで働くことができる派遣という働き方があります。派遣エンジニアなら、派遣されたメーカーでさまざまな種類の製品や部品の設計が可能。また、家電に限らず、さまざまな業界でものづくりができ、機械設計エンジニアとして活躍ができるでしょう。