生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアの働き方

機械設計エンジニアの働き方

機械設計エンジニアという職種にこだわって仕事をするとして、就業形態には複数の選択肢があります。詳細ページでは以下のメーカー社員、フリーランス、派遣の3つに分類して、それぞれの特性や違いなどを整理。ここではその中からまずはそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

自分に合った働き方を見つけるための参考にしてみてください。

メーカーで社員として働く

メーカー社員のメリット

正社員として機械設計エンジニアがいるようなメーカーは、自動車や家電など日本を代表する企業であることが多い。そのため、高収入や生活の安定、充実した福利厚生など会社員というポジションでは高い待遇が期待できます。

メーカー社員のデメリット

日本の大企業の会社員だと、個人のエンジニアとしての力量よりも会社のルールや人間関係などに左右される部分が多々あります。また、エンジニア職から営業や事務職など、直接ものづくりには携われない部署へ異動になるケースも充分に見越しておく必要があります。

メーカー社員の機械設計エンジニアの詳細を見る

フリーランスで働く

フリーランスのメリット

働く時間も場所も、自由に自分で決めることができるのが一番のメリット。副業に関する制限もなく、定年が決められているわけではないので、生涯現役で、メカ屋としてものづくりをし続けることもできます。

フリーランスのデメリット

分類的には個人事業主になるため、収入が不安定になることも。社会保障では正社員(特に大企業)と比べてかなり不利になる可能性があるのは否めません。

確定申告も含めて、企業なら間接部門にお任せできる事務作業も自分でしなくてはならず、病気やケガなどのリスク要因も多々あります。

フリーランスの機械設計エンジニアの詳細を見る

派遣のメカ屋として働く

派遣のメリット

より専門性の高いスキルや知識、そして実践経験を身に付けたいという考えから、派遣という働き方を選ぶ人も増えています。大企業のメーカー社員よりもものづくりに専念できる・追求し続けられる点や、メーカーへの転職や起業のためのステップになる点が派遣ならではのメリットとして考えられます。

派遣のデメリット

福利厚生や年収など待遇面で比べてしまうと、日本を代表する大企業でもあるメーカーに見劣りするのは致し方ないところ。ただし、近年は派遣会社でも福利厚生や休日・休暇などが高待遇・充実しているケースも珍しくはありません。

派遣の機械設計エンジニアの詳細を見る