生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアの職種名鑑 » 自動車エンジニア

自動車エンジニア

自動車エンジニアとはどのような仕事なのか?調査した結果をまとめています。

自動車エンジニアとは?

自動車エンジニアは、自動車やバイクなどのパーツを研究・開発する仕事。エンジンの高出力化、低燃費化、軽量化などのほか、安全性や環境への配慮も求められる仕事です。

自動車エンジニアは範囲が広く多岐にわたるため、ボデー、シャシー、内装、エンジン、足回りなど部品ごとにエンジニアがいます。また、その部品を生産する設備ごとにも専門性に特化したエンジニアが存在するのが、自動車エンジニアの特徴です。

自動車エンジニアの年収

自動車エンジニアの年収は30代で約500~1,000万円とされています。数字を見てわかるように、自動車エンジニアの年収は企業の規模や、役職によって金額は大きく変わります。大手自動車メーカーでは、多くの人が自動車エンジニアとして働いているため役職にも限りがあります。そのため、役職に就ける可能性はかなり低いのが現実です。

自動車エンジニアのキャリアアップ

自動車メーカーで長年設計開発の仕事をした人は、異なる分野への転身を避ける傾向が強いそうです。エンジニアとして、ずっと現場にいたいという気持ちもあるのだと思います。こうした背景から、研修のプロデュース、研修講師などの若手社員のフォローを第二のキャリアとしながら現場に残り、設計の仕事に従事する、というケースが多いようです。

自動車エンジニアに必要なスキル

必須資格はありませんが自動車やバイクの設計に関する技術に加え、製図に必要なコンピューターのスキルやCO2排出削減に関する知識も備えておく必要があります。

また、国内の自動車メーカーはチームワークを大切にしているため、コミュニケーション力や協調性は必須。専門の知識は当然のこととされ、コミュニケーション力は重視される傾向にあります。

自動車エンジニアが備えておくと便利な技能・スキル

自動車エンジニアが他の業界でも活かせる技能・スキルは?

まとめ

日本には有名な自動車メーカーが多数あります。そのため、自動車エンジニアは必要不可欠な存在。自動車は身近なものだからこそ、より開発・設計に関わることにワクワク感があります。

しかし、大きな市場のためなかなかキャリアアップがしづらいことも。また、所属するメーカーがずっと存続するという保証もないという時代のため、同じ企業に留まるよりも多様な経験を積むようなキャリアプランにした方が良いのではないかという考えもあります。

一つの会社に縛られることなく、自動車エンジニアとして仕事を続けられる働き方として、派遣という方法があります。合理的なキャリアアップを可能にする派遣という働き方は、エンジニアにとっても条件の良い働きやすい環境で仕事を見つけることができる選択肢になりつつあるのです。

自動車エンジニアとして身につけたスキルを活かし、別の分野のものづくりでも活躍できるチャンスがあるため、働き方の選択肢の一つとして覚えておくのがおすすめです。