【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介
【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介 » 機械設計エンジニアの豆知識 » 機械設計エンジニアのキャリアアップを考える
  

機械設計エンジニアのキャリアアップを考える

既存の技術と知識にプラスアルファを心がける

機械設計エンジニアのキャリアアップは、広い知識と技術が求められます。設計に関する深い専門知識はもちろん、生産技術や品質管理など領域を広げた知識を持つことも良いでしょう。設計分野のスペシャリストとしても、設計以外の知識も持っていて損はありません。

フリーランスとしての活躍だけでなく、転職での履歴書や面接において他の応募者よりも優れている面をアピールする必要があります。設計スキルが同じレベルだと判断された場合、重要となるのは周辺知識です。特に異業種に転職する場合は、応募先企業によっては電気制御やソフトウェアの知識や板金・溶接といった加工への知識があると大きなアピールポイントになります。

キャリアアップを考える場合に、既存の技術と知識にプラスアルファを加えることは必須と言えるでしょう。

社外と関係を作ることはリスクヘッジになる

社会と環境を作っておくことはリスクヘッジになります。社外にコネクションを作っておくと、社会での自分の立ち位置を確立しやすくなります。社内での評価が高くても、社外に出たらそこまで評価が高くないケースはままあるものです。

評価の差異を防ぐためにも、取引先の声や評価は重要といえます。自分の技術が業界でどれぐらいのレベルに達しているのか知るように動きましょう。逆のケースもありえます。社内での評価は低いものの、他の会社からは必要とされるエンジニアも存在するのは間違いありません。

社外との関係を作っておけば場合によっては引き抜きを受けることもあります。キャリアアップの手段として、社外にコネクションを作っておく点は重要と言えるでしょう。

定期的にエージェントや転職のサポートを受ける

効率よく転職活動を行うには、定期的にエージェントや転職のサポート受けられるサービスを使うと良いでしょう。とはいえ、転職支援サービスによって特化している部分が異なっており、自分に合ったサービスを選ぶことは重要です。

転職サイトを使う

まず考えられるのは、転職サイトを使うことです。転職サイトの良いところは、自分のペースでじっくり時間をかけて企業を選べること。

ある程度転職先の目星がついており、じっくりと調べたい場合には有効です。ただし転職サイトの場合はサポートが受けられないことが多く、採用に厳しい会社に応募した場合残念な結果になってしまうことも。

転職サイトを使って情報収集をしながら、転職支援サービスを併用していくと言った方法も一つの活用の仕方です。

スカウト型の転職支援サービスを使う

最近ではスカウト型の転職支援サービスも増えています。スカウト型の転職支援サービスの良いところは、年収600万円以上も狙えるところ。

企業に認められて入社をすることからも、自信を持って転職できるメリットもあります。スカウトをもらってから自分と企業のビジョンをマッチさせるといった、精神的にも余裕のある転職活動が可能になるでしょう。

ヘッドハンティング型の転職支援サービスを使う

スカウト型の転職支援サービスと似たようなもので、ヘッドハンティング型の転職サービスもあります。これは「良い企業があれば転職をしたい」と考えているエンジニアにはおすすめです。

焦ることなく、自分の能力を認めてくれる転職先を探したい場合にはまさにうってつけのサービスとなっています。

第二新卒型の転職支援サービスを使う

最近では第二新卒型の転職支援サービスを行っているものもあります。第二新卒は、新卒で入社後3年以内に退職又は転職を考えている方。新卒とは違い、第二新卒は社会人としてのベースがある程度できているため、即戦力性もあります。

同時にポテンシャルも期待できるため、一般採用とは別枠で募集をかけているところも少なくありません。第二新卒は人生の中でも限られた期間でのカードになるため、該当するなら是非有効に使いたいところです。

海外や地方に強い転職支援サービスを使う

海外や地方に強い転職支援サービスもあります。もし海外で働きたいのであれば、海外求人に特化した転職サイトを使っていくと良いでしょう。特化型であれば海外の求人数も多く掲載されています。

もし、スキルが十分にあったとしても、求人先がなければ希望の転職先に出会うこともなく時間的なロスが多くなってしまうでしょう。また、地方への転職に関しては情報が少なくなってしまいがちです。土地柄も分からず、企業の情報も助けなければ、転職活動は困難になってしまいます。

そのような場合に地方に強い転職支援サービスは欲しい情報を得られるので、効率的な転職活動が可能になります。

年齢特化型の転職支援サービスを使う

年齢特化型の転職支援サービスを使うのもおすすめです。転職事情や年齢によって企業が求めているものも変わり、年齢によってマッチする転職活動の方法は異なるのです。

たとえば、20代だと採用してもすぐに辞めないか・ストレスに弱くないかなど社会人としての基礎を問われることが多くなります。まだまだ、ポテンシャルで勝負できるような環境にあります。

とはいえ、一度は就職していることが多く、基本のスキルや考えかたが採用の多い要素となってくるのです。

また、30代にもなると転職成功の確率はぐっと下がってしまいます。転職成功率は30代前半では約25%、30代後半だとその確率は10%まで下がると言われています。失敗すればするほど再就職しにくくなっていくので、用意や情報収集を万全にしておく必要があるのです。

さらに、40代にもなると即戦力としての力や管理能力も問われるようになります。アピール不足やスキル不足を応募先企業が感じるようなことがあれば、成功率は非常に低くなります。

このように年齢によって重視するポイントが変わってくるので、自分に適した年齢の転職支援サービスを使うことが成功への近道になるでしょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE