生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアを辞めたいあなたへ 【不満・課題別】解決方法まとめ » 将来性が不安

将来性が不安

気になる機械設計エンジニアの将来性についてまとめました。「機械設計エンジニアに将来性がない」と感じて辞めてしまう前に、まずは読んでほしい情報です。

機械設計エンジニアという仕事の将来性

機械設計エンジニアの仕事の種類は多く、機械や設備の提案・計画・設計・製作・改造・設置・運用・管理などがあり、どの程度の範囲を担当するかは会社や部署によって違うようです。

機械が使用される業界や場所も多岐にわたるため、機械設計エンジニアの活躍範囲は幅広く、それぞれの分野で専門の知識や技術が求められています。

こうしたことからもわかるように、機械設計エンジニアは多くの場所で必要とされているため、将来も安心して働くことができるといえます。

機械設計エンジニアの日本での将来性

機械系エンジニアは世界中で必要とされています。特にITに関する機械系のエンジニアは今後さらに必要になるはずです。そのため、知識や技術を取得して転職を目指すのも良いでしょう。

それでは、日本ではどうでしょうか。世界の潮流に合わせてITに関する機械設計エンジニアが有利になることは言うまでもありませんが、少子高齢化が進む日本では、現在でも医療機器のエンジニアが不足しており、介護業界ではIT化の遅れから、介護業界に精通した「介護ITエンジニア」の必要性も叫ばれているほどです。

このような状況からも、日本の機械設計エンジニアの需要はまだまだ途絶えることはないでしょう。

将来的にも機械設計エンジニアとして活躍し続けるには?

機械設計の作業では、CADが主流になっている現在でも、手書き設計にこだわる設計士もいるそうですが、近い将来、設計士もAIの正確性と速さには勝てずに不要な存在になってゆくのではないかという憶測もあります。

しかし、これからの時代、AIによって仕事が奪われつつあるのは製造の現場であり、現場で常に生じる不測の事態に対処できる機械設計エンジニアこそ、AIが超えられない人間の部分を補完できると考えられています。

幅広い技術や設計ノウハウを習得している機械設計エンジニアは、多方面で活用することができます。

機械設計エンジニアの働き方の一つに「派遣」があります。派遣会社に属することで、最新の技術研修が受けられたり、さまざまな分野のプロジェクトに派遣され、その都度スキルや経験を積むことが可能になります。まだまだ将来性がある機械設計業界の中で活躍し続けるための選択肢として、頭に入れておくことをおすすめします。