生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアの職種名鑑 » 航空宇宙エンジニア

航空宇宙エンジニア

航空宇宙エンジニアとはどのような仕事なのかをまとめました。航空宇宙エンジニアを目指す人、興味がある人は必読です。

航空宇宙エンジニアとは?

宇宙関連の産業は、人工衛星やロケット、地上設備などの製造、ソフトウェア開発、素材製造、部品製造、部材加工など、すそ野の広い産業です。

こうした宇宙産業を支える宇宙機器の数々を設計・開発するのが航空宇宙エンジニアの仕事です。

航空宇宙エンジニアの年収

航空宇宙エンジニアの年収は30代で400~600約万円。企業の規模や役職によっても変わります。

航空宇宙エンジニアのキャリアアップ

主任、グループ長、次長、部長というステップアップが一般的。

航空宇宙エンジニアに必要なスキル

人工衛星やロケットなど宇宙機器の開発では、材料開発や電子機器、機体の設計など多くの技術分野でエンジニアが活躍しています。

しかし、構造設計を担当するのは機械工学科出身、電子回路を担当するのは電子機器開発に携わっていた技術者というように、いずれのエンジニアも専門は宇宙工学ではなく、それぞれの業界のスペシャリストのようです。まだまだポテンシャルの多い領域なので、宇宙分野未経験でも、さまざまな業種のエンジニアが求められています。

航空宇宙エンジニアが備えておくと便利な技能・スキル

航空宇宙エンジニアが他の業界でも活かせる技能・スキルは?

まとめ

かつて宇宙関連の仕事は、政府管轄の壮大なプロジェクト・狭き門、というイメージがありました。しかし、ここ数年は民間によるロケットの打ち上げやベンチャー企業の宇宙関連ビジネスへの参入で、宇宙を開発する産業や利用する産業のすそ野が広がりつつあります。

こうした新しい宇宙ビジネスの創出とともに、求められているのが多くのエンジニア。これからは新しい仕事が生まれてくると共に、これまでと違うスキルや経験を持つ人材が必要になります。こうしたエンジニアのニーズは、この先も大いに増えるものと予想されています。

航空宇宙エンジニアとして活躍するための一つの方法として、派遣があります。派遣会社の中には、プロジェクトに就く前にスキルアップの研修を受けられる会社もあるので、不安も少なく、スキルと経験を培いながら航空宇宙エンジニアにチャレンジできそうです。