【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介
【メカ屋】機械設計エンジニアにおすすめの派遣会社をご紹介 » 機械設計エンジニアの職種名鑑 » 航空宇宙エンジニア
  

航空宇宙エンジニア

航空宇宙エンジニアとはどのような仕事なのかをまとめました。航空宇宙エンジニアを目指す人、興味がある人は必読です。

航空宇宙エンジニアとは?

宇宙関連の産業は、人工衛星やロケット、地上設備などの製造、ソフトウェア開発、素材製造、部品製造、部材加工など、すそ野の広い産業です。

こうした宇宙産業を支える宇宙機器の数々を設計・開発するのが航空宇宙エンジニアの仕事です。

航空宇宙エンジニアの年収

航空宇宙エンジニアの年収は30代で400~600約万円。企業の規模や役職によっても変わります。

航空宇宙エンジニアのキャリアアップ

主任、グループ長、次長、部長というステップアップが一般的。

航空宇宙エンジニアに必要なスキル

人工衛星やロケットなど宇宙機器の開発では、材料開発や電子機器、機体の設計など多くの技術分野でエンジニアが活躍しています。

しかし、構造設計を担当するのは機械工学科出身、電子回路を担当するのは電子機器開発に携わっていた技術者というように、いずれのエンジニアも専門は宇宙工学ではなく、それぞれの業界のスペシャリストのようです。まだまだポテンシャルの多い領域なので、宇宙分野未経験でも、さまざまな業種のエンジニアが求められています。

航空宇宙エンジニアが備えておくと便利な技能・スキル

航空宇宙エンジニアが他の業界でも活かせる技能・スキルは?

航空宇宙エンジニアたちの口コミ

実際に航空宇宙エンジニアとして現場で活躍する方々の生の声を見ていきましょう。収入ややりがいなどリアルな部分を事前にチェックしておけば、いざ働いた時のイメージギャップを軽減できます。気になるネガティブポイントもピックアップします。

航空宇宙エンジニアたちの収入に関する口コミ

公的機関のため一般企業より給料は多少低めですが、大きなリストラが無い点は安心できます。給与額も安定しています。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10088005652/kuchikomi/28035/

航空宇宙エンジニアたちのやりがいに関する口コミ

新しいことより着実にこなすことを求められるため、堅実な性格の方はやりがいを感じやすいと思います。半面、新しいことにチャレンジしたい方は少し窮屈かもしれません。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10010203351/kuchikomi/4360817/

宇宙開発は大規模な事業になるため、開発が終わった時の感動とモチベーションは高いと感じました。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10013129001/kuchikomi/229768/

20~30代の社員が、上司や先輩の指導を受けながら新しい技術の習得にどん欲にチャレンジできる環境です。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10013129001/kuchikomi/253080/

国家プロジェクトに関われるため、わかりやすく社会貢献しているというモチベーションはあります。環境マネジメントシステムも整っているため、地球環境にも配慮しています。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10010203351/kuchikomi/4360785/

エンドユーザーはほとんどが官公庁になるため、国家や社会を代表するビッグプロジェクトに関わることができます。長期的なプロジェクトがどうしても多くなるため、やりがいが見えるのは数年先になりますが、地道にコツコツできる人には向いています。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10013129001/kuchikomi/44212/

航空宇宙エンジニアたちのネガティブな口コミ

クライアントに赴き仕事をすることが多く、お客さんの設備を使うことになるため結構気を使います。客先のプロジェクト担当者と直接打ち合わせするケースも多いため、交渉や折衝が苦手な方には難しいかもしれません。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10010203351/kuchikomi/4360859/

福利厚生は手厚かったのですが、心と体を壊さない制度が無いのが残念でした。多い時は、毎月1人ペースで求職者の通知が来ていました。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10013129001/kuchikomi/2747925/

中途の採用はほとんどなく、派遣社員から正社員への登用もありません。逆に契約社員への転籍はあるのですが、任期が5年でその後は転職することになります。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10010203351/kuchikomi/3654462/

日本独自の宇宙技術を造っているので、実用化すれば社会貢献度は大きいですが、現在は国のお金を使ってギャンブルをしているような状況です。まだ社会貢献できる段階ではありません。

参照元:https://en-hyouban.com/company/10089705746/kuchikomi/2000711/

宇宙産業は外から見ると一見華やかですが、コストがかかるので現在の経済状況を考えると成長性はあまり期待できません。そもそも、国の関与と資金投入が無いと成り立たないため、企業としては未熟な状況だと思います。

参照元:https://en-hyouban.com/company/00169318975/kuchikomi/20113/

まとめ

かつて宇宙関連の仕事は、政府管轄の壮大なプロジェクト・狭き門、というイメージがありました。しかし、ここ数年は民間によるロケットの打ち上げやベンチャー企業の宇宙関連ビジネスへの参入で、宇宙を開発する産業や利用する産業のすそ野が広がりつつあります。

こうした新しい宇宙ビジネスの創出とともに、求められているのが多くのエンジニア。これからは新しい仕事が生まれてくると共に、これまでと違うスキルや経験を持つ人材が必要になります。こうしたエンジニアのニーズは、この先も大いに増えるものと予想されています。

航空宇宙エンジニアとして活躍するための一つの方法として、派遣があります。派遣会社の中には、プロジェクトに就く前にスキルアップの研修を受けられる会社もあるので、不安も少なく、スキルと経験を培いながら航空宇宙エンジニアにチャレンジできそうです。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE