生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本
生涯メカ屋宣言!機械設計エンジニアの働き方教本 » 機械設計エンジニアが活躍する企業

機械設計エンジニアが活躍する企業

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは、毎週月曜日に新商品開発会議を行っており、機能・デザイン・価格といった側面から消費者視点で徹底的に検討しています。

照明・架電・ホームなどの主要カテゴリー別に事業部組織を作っており、独自の「メーカーベンダー」という業態を作りあげています。 メーカーベンダーは、メーカー機能と問屋機能を持ち合わせたもので、顧客のニーズや意見をワンストップで吸い上げているのです。

これによって、顧客のためのオンリーワン商品をスピーディーに開発しています。 さまざまな素材と数々の技術を組み合わせた商品開発をおこなうビジネススタイルにも挑戦。

その生産拠点として、アメリカやヨーロッパ各国・韓国に工場や物流センターを構えています。 特に中国には9つの工場と、自動倉庫を備えた物流センターを稼働させているのです。

ソニーエンジニアリング

ソニーエンジニアリングは社員の90%がエンジニアといった会社で、希望者員が設計業務において活躍しています。 「ものづくりのプロ」として、多様な経歴や専門性のエンジニアが日々業務にあたっているのです。

基幹職種である「電気・電子回路設計」「機構・外装設計」「組込みソフトウェア設計」全てにおいてエンジニアの配置を行っています。 そこでは、ホームオーディオやテレビといったソニーのエレクトロニクス製品全般の開発設計に関わっています。

さらに、放送業務用システムやメディカル・半導体といった専門性のある製品まで扱っています。

ファーウェイ

ファーウェイは、1987年に中国で設立された従業員持株制による民間企業です。 現在では、世界有数のICTソリューションプロバイダーとして製品やサービスを170カ国以上で提供している企業です。

17万人を超える従業員がおり、CEO3名の輪番制によって半年でCEOを変えています。 これによって、組織の循環と情報化社会がもたらす利益を多くの人が享受できるような体制を確立。

また、2015年にはスマートフォンの出荷台数は1億台を超え、人々のICTソリューション・ニーズに応え続けています。 その売上の10%以上を研究開発に継続投資。先端技術開発にも注力しており、50,000件以上の特許の取得をしているのです。

本田技研工業

本田技研工業は、オートバイ・自動車の技術においては世界有数の企業です。 本田宗一郎が静岡県浜松市で本田技術研究所を創業し、後に本田技研工業へとなりその経営は注目されています。

本田技研工業はもともとバイクメーカーであったことから、そのエンジン技術の流用を行い自動車や船・飛行機にも技術を活かしています。 ホンダ・日産・トヨタの自動車メーカー3社のなかでも、自動車作りへのこだわりが強い企業。

これによって、所属エンジニアの意識が他の2社よりも「技術屋思考」になっています。 ホンダは純粋により速いクルマを作りたいといった気持ちから、F1スポーツカーのエンジン開発にも取り組んでいます。

このような気持ちと名実・ロマンを追い求める技術者が集まっている企業です。